閑静な住宅街は住みやすいかどうか

賃貸物件の案内に閑静な住宅地との情報が書かれている時があります。
静かで住みやすそうなイメージを抱くでしょう。
夜に寝るときなどに騒がしいと困ります道路や鉄道が近くにあればそれなりに音に悩まされます。
静かであればゆっくり休みの日などもくつろげるので、大事なポイントになりそうです。
物件の案内においては、デメリットを主張した広告は行われません。
デメリットを伝えないわけではないですが、全面的にデメリットがあることを伝えることはありません。
デメリットをメリットのように表現することはあります。
閑静な住宅街はメリットのようでデメリットになることも知っておきましょう。
この言葉から想像すると、閑静な住宅街だと周りに住宅しかないようなところかもしれません。
つまりはコンビニ等のお店があまりないようなところです。
戸建てなどを購入して住むにはいいところですが、一人暮らしなどを便利に行おうとすると住みづらさを感じるでしょう。